ホーム  »  スタッフブログ  »  インプラント治療は痛いのでしょうか?

スタッフブログ

インプラント治療は痛いのでしょうか?

2018年10月15日

板橋区上板橋の歯医者さん、シエル歯科クリニックです。
今回のテーマは「インプラント治療の痛み」です。
インプラント治療では手術を行うため、治療を受けることに抵抗を感じる方もいると思います。

そして治療において最も気になるのは、やはり痛みの有無ではないでしょうか。虫歯治療を含め、「歯科治療=痛い」のイメージを持っている方も多いでしょうし、手術となればよりそのイメージが強くなるため、ここではインプラント治療の痛みについて説明します。

痛みよりも恐怖が強いインプラント治療

結論から言うと、インプラント治療では痛みを感じます。とは言え、手術では麻酔を使用するため、歯肉を切開する痛みをまともに感じるわけではありません。イメージとしては、病気を治療する際の手術を想像すると分かりやすいと思います。

手術では麻酔を使用するため、お腹を切開する痛みをそのまま感じることはないですよね。しかし痛みがゼロと言うわけではなく、インプラント治療の手術もそれと同じような感覚です。ただしインプラント治療では全身麻酔を使用しないため、手術時にも意識がある状態です。

このため手術時はどうしても恐怖を感じてしまいがちですし、そもそも「歯肉を切開して顎の骨に穴をあける」という手術内容自体に恐怖を感じる方もいるでしょう。つまり、インプラント治療は痛みよりも恐怖を感じやすく、実際の痛みは麻酔によって軽減されます。

手術後の痛み

痛みの程度だけで比較するなら、治療時よりも治療後の方が痛みを感じます。これは麻酔が理由になっており、治療時には効いていた麻酔が治療後には切れてしまうからです。ですからインプラント治療後に麻酔が切れた状態…このタイミングが最も痛みを感じます。

最も、その点については充分対処されており、治療後には痛み止めを処方しています。痛み止めを飲むことで治療後の痛みを軽減できますし、あらかじめ痛み止めを飲んでおけば麻酔が切れても痛み止めの効果によって痛みの軽減が可能です。

ちなみに、治療後の痛みがおさまるまでの日数には個人差がありますが、夜も眠れないような痛みがずっと続くことはありません。ただし骨移植などの治療を行った場合は、治療後の痛みが長引きやすい傾向があります。

日常生活での痛み

インプラント治療を行って間もない状態だと、日常生活の過ごし方によっては痛みを感じてしまいます。その点については治療前に歯科医も説明するでしょうが、具体的に痛みを感じる行為をここで挙げます。

・入浴
・運動
・飲酒
・喫煙

…喫煙については正直論外で、痛みを感じるどころかインプラント治療の失敗を招く原因になります。このため、ヘビースモーカーの方だとそもそもインプラント治療を受けられないケースもあります。次に入浴、運動、飲酒ですが、これらに共通するのはいずれも血行が良くなるという点です。

血行が良くなると血流が多くなって神経が圧迫されるため、傷口が痛んでしまうのです。ちなみに運動は筋トレのようなものに限らず、身体を動かす行為全般を含んでいるため、治療した当日は安静に過ごすようにしてください。

痛みを感じる時の注意点

インプラント治療では痛みを感じますが、その先入観を強く持ちすぎてはいけません。例えば治療後に痛みを感じた場合、気にせずそういうものだと思ってしまうと、実は全く別の原因で痛んでいるのかもしれませんし、インプラントに問題が起こっているのかもしれません。ですから、痛みが気になる時には我慢するのではなく、必ず歯科医院に行って相談してください。

痛み止めが効かない場合

処方された痛み止めを飲んでも痛みを激しく感じるのであれば、その痛み止めが合っていない可能性がありますし、何か問題が起きている可能性もあります。厳禁なのは、痛み止めが効かないからと言って使用方法を無視した頻度と量を飲んでしまうことです。

痛みが長期間続く

痛みが続く期間には個人差があるため、一概に何日間は痛みが続くと断言はできません。しかし本来治療後の痛みは徐々におさまっていくため、1週間以上も痛みが続くようならひとまず歯科医院に行って相談した方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラント治療の痛みについてまとめます。

1. 痛みよりも恐怖が強いインプラント治療 :痛みは麻酔で軽減され、実際には恐怖の気持ちの方が強い
2. 手術後の痛み :痛みを感じるが痛み止めで対処可能。骨移植などを行っていると痛みが長引きやすい
3. 日常生活での痛み :入浴、運動、飲酒は血行が良くなるため痛みを感じる。喫煙は原因
4. 痛みを感じる時の注意点 :痛みを我慢せず、気になるなら歯科医院に行って相談する

これら4つのことから、インプラント治療の痛みについて分かります。インプラント治療は確かに痛みがありますが、麻酔を含めて痛みへの対処方法も用意されています。また、手術への恐怖が強いなら一回法と呼ばれる治療方法もあり、その場合は本来2回行う手術を1回ですませることが可能です。