ホーム  »  スタッフブログ  »  セラミックは銀歯と比べてどんなメリットがあるのですか?

スタッフブログ

セラミックは銀歯と比べてどんなメリットがあるのですか?

2018年09月15日

板橋区上板橋の歯医者さん、シエル歯科クリニックです。
今回のテーマは「銀歯と比較してのセラミックのメリット」です。
セラミックは健康保険が適用されないため、銀歯に比べて費用が高額です。

最も、費用に見合った価値があるのも事実ですから、あらゆる点でセラミックは銀歯より優れています。
とは言え、セラミックの具体的なメリットを知らない方も多いと思うので、ここではセラミックのメリット…それも銀歯と比較した上でのメリットを説明します。

審美性が高い

これが、銀歯と比較した上でのセラミックの最大のメリットです。
セラミックは見た目が美しく、天然の歯に近い白さと光沢を再現しています。
本来、詰め物や被せ物は人に見られたくないものですし、目立つ銀歯なら尚更のことでしょう。

しかし、セラミックは一見天然の歯に見えるほどの美しさのため、詰め物や被せ物を見られることへのコンプレックスもなくなります。
さらに銀歯のように金属イオンの溶け出しも起こらないため、歯だけでなく歯肉の美しさも維持できます。

<審美性の高さはセラミックの種類で差がある>
セラミックには種類がありますが、審美性の高さは種類ごとで差があります。
最も美しいのは100%セラミックでできているオールセラミックです。
ただし銀歯との比較で考えれば、どの種類のセラミックも銀歯よりは遥かに高い審美性を持っています。

二次虫歯を予防できる

そもそも、詰め物や被せ物は治療して削った歯を細菌の感染から守るためのものですが、
それでも細菌に感染して虫歯が再発することがありますし、銀歯の場合そのリスクは高くなります。
しかし、セラミックはそんな二次虫歯を予防しやすくなっています。

これには2つの理由があり、1つはセラミックの表面はツルツルしているのでプラークが付着しにくいからです。
もう1つは、セラミックは歯と接着の相性が良く、隙間なら歯とピッタリ接着するからです。
このため、銀歯では頻繁に起こる虫歯の再発…つまり二次虫歯を予防しやすいのです。

<銀歯で二次虫歯が起きやすいのはなぜか>
銀歯は材質的にプラークが付着しやすいですし、そもそも銀歯は歯と接着させることができません。
このため専用のセメントを使用しており、どうしても接着が剥がれやすいのです。
接着が剥がれることで銀歯と歯との間に隙間が生じ、そこから細菌が入り込んで二次虫歯が起こるのです。

長持ちする

詰め物や被せ物は人工物ですから、永久に使用することはできません。
これはセラミックも例外ではないですが、寿命の長さ自体は銀歯よりも遥かに長くなっています。
特にオールセラミックの場合、ケア次第で10年以上…それどころか15年使用することだって可能です。

また種類にもよりますが、セラミックはこうした劣化によって見た目が悪くなることがありません。
例えば、銀歯は年数が経過すると金属イオンが溶け出して歯肉が黒くなってしまいますが、セラミックにその心配はないため、単に長持ちするだけでなくその間は審美性も高さも維持できるのです。

<セラミック以外の材質の寿命はどのくらいなのか>
銀歯の寿命は一般的に3年~5年ほど、レジンの寿命は5年ほどとされています。
そしてセラミックの寿命は10年以上のため、セラミックは他の材質の2倍以上の寿命の長さです。
ちなみに、ケア次第でこれらの寿命は長くも短くもなります。

金属アレルギーの心配がない

銀歯の材質は金属ですから、金属アレルギーの方は使用できません。
その点、陶器であるセラミックなら金属アレルギーの心配がないため、金属アレルギーの方でも安心して使用できます。

そもそも、セラミックの材質は日常生活で使用する茶碗や湯呑みと同じですから、金属アレルギーに限らず身体に優しい材質でもあります。
ただし、セラミックの中には一部金属を使用しているものもあります。

<メタルボンドは金属を使用している>
セラミックの中でメタルボンドと呼ばれるタイプは、フレームが金属になっています。
このため、メタルボンドは「金属アレルギーの心配がない」のメリットからは除外されます。
メタルボンドは耐久性の高さが特徴ですが、同じ特徴で非金属のものではジルコニアセラミックがあります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、銀歯と比較してのセラミックのメリットについてまとめます。

1. 審美性が高い :セラミックの最大のメリット。最も美しいのはオールセラミック
2. 二次虫歯を予防できる :セラミックはプラークが付着しにくく、接着も剥がれにくいため
3. 長持ちする :セラミックはケア次第で10年以上使用できる
4. 金属アレルギーの心配がない :陶器であるセラミックなら金属アレルギーが起こらない

これら4つのことから、セラミックのメリットについて分かります。
セラミックのメリットを考えると審美性の高さが目立ちますが、
実は機能性…つまり詰め物や被せ物の質としても銀歯より優秀です。
二次虫歯になりにくい、長持ちする、金属アレルギーの心配がない、
これらはいずれも銀歯にはないメリットです。