ホーム  »  スタッフブログ  »  ホワイトニングの種類を教えて下さい

スタッフブログ

ホワイトニングの種類を教えて下さい

2018年11月15日

板橋区上板橋の歯医者さん、シエル歯科クリニックです。今回のテーマは「ホワイトニングの種類」です。ホワイトニングは歯を白くするための治療であり、その点は多くの方が知っていると思います。

では、ホワイトニングに種類があることはご存じでしょうか。実はホワイトニングには3つの種類があり、患者さんは好きな種類のホワイトニングを選択できます。そこで、ここではホワイトニングの種類について説明していきます。

ホワイトニングの仕組み

ホワイトニングの仕組みを簡単に説明すると、過酸化尿素を含んだ薬剤によって歯のエナメル質を無色透明から曇りガラス状に構造変化させます。こうして変色した象牙質を見えなくして白く見せる…これがホワイトニングの仕組みです。

ホワイトニングの種類は複数あると説明しましたが、いずれのホワイトニングもこの仕組みは変わりません。では種類ごとで何が違うのか?…その主となるのは治療する環境であり、環境の違いによって治療方法、治療の効果に違いがあるのです。

オフィスホワイトニング

ホワイトニングの種類の1つがオフィスホワイトニングです。おそらく多くの方が想像しているホワイトニングがこのオフィスホワイトニングで、オフィスホワイトニングとは歯科医院で行うホワイトニングです。

特徴としては歯科医院で歯科医が治療を行うことから、高濃度の薬剤を使用できることです。このため歯が白くなる…つまり効果が出るのは早いのですが、一方で後戻りも早い欠点があります。

つまり「歯を早く白くできる反面、元に戻ってしまうのも早い」…これがオフィスホワイトニングの特徴です。ホワイトニングの種類の中で最も一般的な方法と考えれば良いでしょう。

ホームホワイトニング

ホワイトニングの種類の1つがホームホワイトニングです。ホームホワイトニングとは文字どおり自宅で行うホワイトニングであり、歯科医院でマウスピースと薬剤を受け取り、自宅でマウスピースに薬剤を入れて装着します。

つまり薬剤を扱うのは患者さんになるため、オフィスホワイトニングに比べると濃度は薄めになっており、その分歯が白くなるのに時間がかかるのですが、薬剤がしっかり浸透するため白さを長く維持できます。

このためホームホワイトニングはオフィスホワイトニングと全く逆の特徴を持っており、「歯を白くできるのは遅い反面、白くなった時にそれが長続きする」…これがホームホワイトニングの特徴です。

デュアルホワイトニング

ホワイトニングの種類の1つがデュアルホワイトニングです。デュアルホワイトニングはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングと併用した方法で、それぞれのホワイトニングの長所を合わせた特徴を持っています。

つまり、「歯を白くできるのが早く、なおかつ白さが長続きする」…これがデュアルホワイトニングの特徴です。特徴だけに注目すれば、3つの種類の中でデュアルホワイトニングを選択するのがおすすめに思えます。しかし、確かに効果に関して言えばそうなのですが、デュアルホワイトニングは効果が高い反面、他の種類のホワイトニングに比べて費用が高いという欠点があります。

市販のホワイトニング歯磨き粉について

ホワイトニングの種類の中に、市販のホワイトニング歯磨き粉を想像した人もいるかもしれませんが、市販のホワイトニング歯磨き粉は治療としてのホワイトニングとは全くの別物です。つまり名前こそ同じ「ホワイトニング」ですが、方法や効果は全く違うと考えて良いでしょう。

法律の問題から、市販のホワイトニング歯磨き粉には歯科医院で扱う薬剤を使用できません。このため過酸化尿素などは含まれておらず、エナメル質を構造変化させる効果はありません。

対応できるのはあくまで歯の表面の着色や汚れ程度であり、変色した象牙質を白く見せることは不可能です。逆に言えば、歯の表面の着色や汚れなら、市販のホワイトニング歯磨き粉で充分対応できます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、ホワイトニングの種類についてまとめます。

1. ホワイトニングの仕組み :薬剤でエナメル質を曇りガラス状に構造変化させ、変色した象牙質を隠す
2. オフィスホワイトニング :歯科医院で行う方法。効果が出るのが早いが後戻りも早い
3. ホームホワイトニング :自宅で行う方法。効果が出るのが遅いが白さが長続きする
4. デュアルホワイトニング :効果が出るのが早く白さも長続きするが、費用が高い
5. 市販のホワイトニング歯磨き粉について :治療のホワイトニングと別物。象牙質の変色には対応できない

これら5つのことから、ホワイトニングの種類について分かります。ちなみに、いずれのホワイトニングも効果は永久ではなく、必ず後戻りが起こります。つまり期間が経てば白さは失われてしまうのですが、ホワイトニングは重ねて行える治療のため、定期的に重ねてホワイトニングすることで白さを維持できます。