ホーム  »  スタッフブログ  »  メタルボンドとは何のことですか?

スタッフブログ

メタルボンドとは何のことですか?

2018年04月01日

板橋区上板橋の歯医者さん、シエル歯科クリニックです。
今回のテーマは「メタルボンドの説明」です。
「被せ物=銀歯」のイメージがあるかもしれませんが、最近ではセラミックを希望する人が増えています。

そして、被せ物をセラミックにすることをセラミック治療と呼びますが、
実はセラミック治療で選択できるセラミックにはいくつかの種類があるのです。
その中の1つがメタルボンドであり、ここではそんなメタルボンドの説明を中心としたお話をしていきます。

メタルボンドとは

セラミックの材質は陶器ですから金属に比べて強度が低く、欠けや割れが起こるのが欠点とされています。
そんなセラミックの脆さという欠点を克服したのがメタルボンドです。メタルボンドは金属を使用しており、
分かりやすく表現すれば「中身が金属で見た目がセラミック」です。

金属を使用している点で当然金属としての強度を備えており、
なおかつ見た目がセラミックなので審美性も高いのです。
そして強度が高いという点から、メタルボンドは奥歯でも安心して使用できると言われています。

メタルボンドの欠点

メタルボンドの長所はセラミックでありながらも頑丈…つまり金属を使用していることが長所になりますが、
その一方で金属を使用していることが欠点にもなっています。まず審美性の問題で、
もちろん銀歯に比べれば美しいものの、他の種類のセラミックに比べると審美性で劣ります。

と言うのも、見る角度によっては金属がまともに見えてしまうからです。
さらに年数経過による劣化でセラミックが剥がれると金属が完全に露出してしまいますし、
金属を使用している点から金属アレルギーの対象になってしまうのも欠点です。

セラミックの特徴として「金属アレルギーの人でも安心して使用できる」とありますが、
メタルボンドはその対象ではないため注意が必要です。
金属アレルギーを理由にセラミック治療を希望するなら、メタルボンド以外のセラミックを選択してください。

ジルコニアセラミックの登場

ドを希望する人は減少傾向にあり、その理由としてジルコニアセラミックの登場が考えられます。
ジルコニアセラミックは人工ダイヤモンドを使用しており、そのためメタルボンド同様に強度の高さが長所です。
さらにメタルボンドの欠点を克服しているため、メタルボンドの上位タイプとして位置づけられています。

ちなみに、メタルボンドの欠点は「金属使用による審美性の問題」と「金属アレルギーの対象」の2つです。
ジルコニアセラミックは金属を使用していないため金属アレルギーの対象にならないですし、
メタルボンドより審美性も高くなっています。

このため、メタルボンドにするならジルコニアセラミックにしたいと考える人が増えているのです。
ではジルコニアセラミックはメタルボンドと比べて欠点が一切ないのか?…実はそうとも言い切れません。
ジルコニアセラミックは取り扱っている歯科医院が少なく、さらに費用も高く設定されている欠点があります。

その他の種類のセラミック

テーマであるメタルボンド、その上位タイプであるジルコニアセラミック、
これら2種類のセラミックを説明しましたが、さらに2種類のセラミックが存在します。

オールセラミック
100%セラミックでできているタイプで、セラミックの中で最も高い審美性を誇ります。
年数経過による変色も起こらず、使用している間はずっと美しさを維持できます。
審美性、機能性ともにトップクラスですが、その分費用が高いのが欠点です。

ハイブリッドセラミック
レジンとセラミックが混ざったタイプで、レジンが混ざっていることが長所にも欠点にもなっています。
欠点はレジンの影響でオールセラミックより審美性が劣り、さらに年数経過による変色があることです。
長所としてはレジンが混ざっているため費用が安く、セラミックでありながらお手軽さがあることです。

…オールセラミックとハイブリッドセラミック、そしてこれまで説明したメタルボンドとジルコニアセラミック、
セラミックは現状これら4種類あり、セラミック治療の際には好きな種類を選択することになります。
ただし取り扱っているセラミックの種類は歯科医院ごとで異なるため、
全ての歯科医院で全ての種類のセラミックを選択できるとは限りません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、メタルボンドの説明についてまとめます。

1. メタルボンドとは :金属を使用したセラミックで、審美性だけでなく強度においても優れている
2. メタルボンドの欠点 :金属アレルギーの対象になる、見る角度によっては金属が見えてしまう
3. ジルコニアセラミックの登場 :審美性が高い上に強度に優れており、メタルボンドの上位タイプに値する
4. その他の種類のセラミック :オールセラミック、ハイブリッドセラミック

これら4つのことから、メタルボンドの説明について分かります。
まとめるとメタルボンドとはセラミックの種類の1つで、
金属を使用しているため強度に優れた特徴を持っています。

このため奥歯に使用するのに適していますが、審美性だけで考えればオールセラミックに劣ります。
なぜなら見る角度によっては金属が見えてしまいますし、
年数経過で劣化するとセラミックが剥がれて金属が露出してしまうからです。