ホーム  »  スタッフブログ  »  市販のホワイトニング歯磨き粉と歯科医院のホワイトニングの違いは?

スタッフブログ

市販のホワイトニング歯磨き粉と歯科医院のホワイトニングの違いは?

2018年05月01日

板橋区上板橋の歯医者さん、シエル歯科クリニックです。
今回のテーマは「市販のホワイトニング歯磨き粉と歯科医院のホワイトニング」です。
市販の歯磨き粉に注目すると、中にはホワイトニングと名前がついたものがあります。

そして、そのような歯磨き粉に効果に注目すると「歯を白くする」と表記されています。
ホワイトニングという名前、歯を白くする効果…これらは一見歯科医院のホワイトニングと同じに思えますが、
市販のホワイトニング歯磨き粉と歯科医院のホワイトニングにはどのような違いがあるのでしょうか。

市販のホワイトニング歯磨き粉

市販のホワイトニング歯磨き粉は、歯の表面の汚れや着色を落とす効果があります。
ここで重要なのは、歯の奥…つまり象牙質の変色には対応できないということです。
歯が変色している場合、2つのことが考えられます。

1つは歯の表面の汚れ、もしくは着色…この場合は市販のホワイトニング歯磨き粉で落とせます。
もう1つは象牙質が変色している場合で、歯の色に悩む人のほとんどはこの象牙質の変色です。
しかし、象牙質が変色している場合は市販のホワイトニング歯磨き粉でいくら歯を磨いても白くなりません。

歯科医院のホワイトニング

歯科医院のホワイトニングは、歯の表面の汚れや着色、それに象牙質の変色にも対応できます。
ホワイトニングで使用する薬剤には過酸化水素が含まれており、
分解されて発生する酸素によってエナメル質が無色透明になるため、歯の表面の汚れや着色を落とせます。

過酸化水素から発生した酸素はさらにエナメルの構造も変化させます。
これによってエナメルの構造が角状から円状になり、無色透明のエナメル質にマスキング効果が生まれます。
このため変色した象牙質がうつらなくなり、歯が白くなったように見えるのです。

<歯科医院のホワイトニングの仕組みの補足>
イメージとしては歯の表面のエナメル質をガラスに例えると分かりやすいと思います。
本来エナメル質は透明ガラスになっており、そのため奥の象牙質がそのままうつります。
このため象牙質が変色していれば、それがそのままうつってしまうのです。

しかし、ホワイトニングの薬剤に含まれる過酸化水素によって透明ガラスが曇りガラスに変化します。
そして、曇りガラスになることで変色した象牙質がうつらなくなり、歯が白く見えるのです。
つまり、正確には「歯を白くする」ではなく「歯を白く見せる」がホワイトニングの仕組みです。

2つのホワイトニングは全くの別物

それぞれのホワイトニングの説明から分かるとおり、
市販のホワイトニング歯磨き粉と歯科医院のホワイトニングは全くの別物です。
そして、別物と言える理由は「使用する薬剤の違い」と「効果の違い」の2つです。

市販のホワイトニング歯磨き粉にはいくつか種類ありますが、
いずれにおいても過酸化水素は含まれておらず、使用する薬剤が違う点でまず別物です。
そしてホワイトニング歯磨き粉では象牙質の変色に対応できないため、効果が違う点でも別物です。

歯科医院のホワイトニングと後戻り

歯科医院のホワイトニングの効果は永久ではなく、数ヶ月ほどで後戻りが起こります。
これは構造変化したエナメル質に自己修復能力があり、少しずつ元の状態に戻っていくからです。
ホワイトニングで歯が白くなるのは、エナメル質が構造変化してマスキング効果をもたらすためです。

しかし、構造変化したエナメル質が元の状態に戻ればマスキング効果は失われてしまいます。
そして、マスキング効果が失われることで変色した象牙質が再びうつるようになってしまうのです。
ただしホワイトニングは重ねて行えるため、定期的に行えば白さを維持することが可能です。

ホワイトニングで白くならない歯

象牙質の変色に対応できるのは歯科医院のホワイトニングですが、
だからと言ってどんな変色にも対応できるわけではありません。
例えば、テトラサイクリンの影響で変色した歯の場合、歯科医院のホワイトニングでもほとんど白くなりません。

ちなみに、テトラサイクリンとはひと昔前に子供の風邪薬に含まれていた抗生物質で、
現在でも病気の種類によって使用することがあります。
この場合、歯のマニキュアとも言えるホワイトコートなどで対応することになります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、市販のホワイトニング歯磨き粉と歯科医院のホワイトニングについてまとめます。

1. 市販のホワイトニング歯磨き粉 :歯の表面の汚れや着色は落とせるが、象牙質の変色は白くできない
2. 歯科医院のホワイトニング :歯の表面、象牙質、どちらの変色も白くできる
3. 2つのホワイトニングは全くの別物 :使用する薬剤の成分、効果が全く違う
4. 歯科医院のホワイトニングと後戻り :効果は永久には続かないが、重ねて何度でも行える
5. ホワイトニングで白くならない歯 :テトラサイクリンの影響で変色した歯

これら5つのことから、市販のホワイトニング歯磨き粉と歯科医院のホワイトニングについて分かります。
同じホワイトニングの名がついていても2つのホワイトニングは全くの別物で、
象牙質を白くするのが目的なら市販のホワイトニング歯磨き粉では効果がありません。