ホーム  »  スタッフブログ  »  インプラントがどんな治療方法なのかを教えてください

スタッフブログ

インプラントがどんな治療方法なのかを教えてください

2017年12月01日

板橋区上板橋の歯医者さん、シエル歯科クリニックです。
今回のテーマは「インプラントについて」です。
インプラントは最先端の歯科治療ですが、その詳細を知らないという人はまだ多いでしょう。

失った歯を取り戻せるという言葉は魅力的ですが、
どんな治療方法か分からなければ治療に不安を感じてしまうと思います。
そこで、ここではインプラントがどんな治療方法なのか?…インプラント全般の説明をしていきます。

インプラントの構造は?

インプラントの構造は入れ歯と比べて若干複雑です。パーツとしては3つに分けられており、
入れ歯同様に人工の歯となる部分は「上部構造」と呼ばれています。
さて、インプラントが天然の歯と同じ感覚を得られるポイントとなっているのは人工の歯の根の存在です。

はめるだけの入れ歯と違って歯の根となる部分が存在するため、
インプラントは簡単に外れることなく天然の歯と同じ感覚で生活することができるのです。
そして、そんな歯の根となる部分を「インプラント体」と呼びます。

人工の歯の根である「インプラント体」と人工の歯である「上部構造」、
この2つによって天然の歯と同じ感覚を再現しているのです。ただし、これらを結合することはできません。
このため、ジョイント代わりとして「上部構造」と「インプラント体」を連結するのが「アバットメント」です。

つまりインプラントは「上部構造」、「インプラント体」、「アバットメント」の3つのパーツからできているのです。

インプラントの治療の流れは?

インプラントではすぐに治療にうつることはありません。なぜなら治療の中で手術を行うため、
患者さんの健康状態を詳しく把握しておく必要があるからです。
このため、まずはカウンセリングや精密検査を行い、そこで問題がない時点で治療にすすみます。

治療時は歯肉を切開して顎の骨に穴をあける手術を行い、そこにインプラント体を埋め込みます。
その後は定着期間として一定期間経過を観察し、インプラント体と骨の完全な結合を待つことになります。
定着期間後、今度はインプラント体にアバットメントを装着し、最後に上部構造を取り付けて完了です。

治療期間は長く、おおよそ3ヶ月~1年ほどになります。ちなみに3ヶ月と1年では大きな差がありますが、
ここまで期間に差が出るのは定着期間が関係してきます。
と言うのも、定着期間は一定ではなくインプラントする箇所によって異なるからです。

一般的に下顎よりも上顎の骨の方が結合しにくいため、この場合定着期間が長引いてしまうのです。

費用は?

インプラントの治療費は高く、相場で言うと1本あたり30万円~45万円です。
平成24年以降は改定によってインプラントでも健康保険が適用されるようになりましたが、
その基準は非常に厳しい上、審美目的だと100%健康保険は適用されません。

ちなみに注意が必要なのは、こうした相場よりも遥かに安い費用を提示している歯科医院です。
格安インプラントと謳ったインプラントは素材が粗悪な危険性が高いですし、
もしくは一部の治療費のみしか提示していない可能性もあります。

治療を受けられる歯科医院は?

インプラントは難易度の高い治療のため、対応できる歯科医院も少なめになっています。
また、仮に対応できたとしても実績の乏しい歯科医院で治療を受けるのはリスクが高まります。
このため、インプラントにおいては患者さんの歯科医院選びも重要になってきます。

腕の良い歯科医を見極めるには、日本口腔インプラント学会の専門医の資格の有無に注目すると良いでしょう。
治療を受けられる歯科医院を探すには歯科医院のWEBサイトで確認するか、直接問い合わせるのが確実です。
ちなみにインプラントの場合、診療科目は審美歯科になります。

インプラントの長所と短所は?

インプラントの長所は審美性と機能性の高さです。見た目の美しさはもちろん、
天然の歯と同じ感覚で生活できるため、食生活で不自由さを感じることがないのです。
さらに入れ歯と違って他人に知られる心配もないため、堂々と会話や食事が楽しめます。

一方短所は費用の高さ、手術によって発生するリスク、対応している歯科医院の少なさの3つです。
健康保険が適用されないため費用は高く、さらに手術を行う点で治療にリスクが伴い、
そもそもインプラントの治療を行っている歯科医院が少ないのが短所です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラントについてまとめます。

1. インプラントの構造は? :「上部構造」、「インプラント体」、「アバットメント」の3つのパーツからできている
2. インプラントの治療の流れは? :精密検査→手術→定着期間→アバットメントと上部構造の取り付け
3. 費用は? :相場は1本あたり30万円~45万円
4. 治療を受けられる歯科医院は? :歯科医院のWEBサイトや直接問い合わせて確認する
5. インプラントの長所と短所は? :長所は審美性と機能性の高さ、短所は費用の高さやリスクがあること

これら5つのことから、インプラントについて分かります。
ちなみに、治療方法は1回法と2回法の2パターンあります。
1回法では1度の手術ですむ点が長所ですが、2回法に比べて細菌に感染するリスクが高まります。
インプラントは簡単な治療ではない分、患者さんも治療方法や特徴などを理解しておくことが大切です。