ホーム  »  スタッフブログ  »  セラミックのメリット・デメリットを教えてください

スタッフブログ

セラミックのメリット・デメリットを教えてください

2017年11月01日

板橋区上板橋の歯医者さん、シエル歯科クリニックです。
今回のテーマは「セラミックのメリットとデメリット」です。
審美性の高さなどから、最近では詰め物や被せ物にセラミックを希望する方が増えています。

このため、既に銀歯を使用している方の中でセラミックに興味を持っている方もいるでしょう。
とは言え、セラミックにするからにはセラミックの特徴を知っておかなければならないですし、
その意味でもここでセラミックの特徴としてメリットとデメリットを分かりやすく説明していきます。

メリット1. 審美性が高い

セラミックの最大のメリットともいうべき点が審美性の高さです。
セラミックは白いのはもちろんですが、ただ白いだけでなく天然の歯に近い光沢まで持っており、
特にオールセラミックはパッと見ただけでは天然の歯と見分けがつかないほどの美しさを誇ります。

銀歯は目立つ上に美しくないですから、中にはそれがコンプレックスになる方も少なくありません。
その点セラミックは見た目が美しいため、
例え詰め物や被せ物だとしてもそれを見られることへの抵抗を一切感じずにすむのです。

メリット2. 二次虫歯を予防しやすい

虫歯治療した歯は詰め物や被せ物で覆いますが、
銀歯の場合は劣化することで隙間が生じ、そこから細菌が入り込んでしまいます。
そうなると虫歯が再発してしまい、これを二次虫歯(二次カリエス)と呼びます。

これは決して稀なケースではなく、実際に銀歯を使用している方の多くがこの二次虫歯に悩まされています。
その点セラミックは隙間が生じにくい上に材質的にもプラークが付着しにくいため、
銀歯に比べて格段に二次虫歯を予防しやすくなるのです。

メリット3. 長持ちする

いくらセラミックでも人工物である以上、永久に使用することはできません。
しかしその寿命は銀歯に比べて長く、10年以上は普通に使用できます。
特にオールセラミックにおいてはケア次第で15年や20年使用できるケースも珍しくありません。

さらにその間劣化が起こることもないため、
変色や接着の剥がれを気にせず美しいまま使用し続けることができるのです。
長持ちすればそれだけ交換の頻度も減りますし、
交換の頻度が減ることは通院の手間を省くことや余計な出費を抑えることに繋がります。

メリット4. 身体に優しい

セラミックの材質は陶器であり、金歯のような金属は使用していません。
このため、銀歯のように金属イオンが溶け出して歯肉を変色させることがないですし、
金属を使用していない点から金属アレルギーの方でも安心して使用できます。

ただし、これについては全てのセラミックがそうというわけではありません。
と言うのも、セラミックにはいくつか種類があり、その中にメタルボンドというタイプのセラミックがあります。
そしてメタルボンドは一部セラミックを使用しているため、金属アレルギーの対象になってしまうのです。

デメリット1. 費用が高い

美しいセラミックは審美目的も兼ねているため、健康保険が適用されません。
このため、銀歯に比べて費用は格段に高くなってしまうのです。とは言え、費用を抑える方法はあります。
1つは医療控除が適用されることで、歯科治療となるセラミック治療はその対象になるのです。

また、セラミックの種類にこだわることでも費用を抑えることが可能です。
例えばハイブリッドセラミックはレジンを混ぜたタイプであり、
オールセラミックより審美性で劣るものの、その分費用は安めに設定されています。

デメリット2. 割れることがある

セラミックは陶器ですから、単純な強度においては金属である銀歯に劣ります。
ただしそれはひと昔前の話であり、最近のセラミックは強度においても優れています。
オールセラミックも以前のそれに比べて強度が増した仕様になっているのです。

そして何よりジルコニアセラミックの登場です。ジルコニアは人工ダイヤモンドとも呼ばれる素材ですから、
ジルコニアセラミックは硬すぎるといわれるほどの強度を誇ります。
さらにオーソドックスな対処法でいえば、強度にこだわるならメタルボンドにするのもいいですね。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックのメリットとデメリットについてまとめます。

メリット1. 審美性が高い :ただ白いだけでなく、光沢のある自然な白さを誇る
メリット2. 二次虫歯を予防しやすい :隙間が生じにくくプラークも付着しにくいため
メリット3. 長持ちする :10年以上は使用でき、オールセラミックならケア次第や15年や20年の使用も可能
メリット4. 身体に優しい :金属の溶け出しや金属アレルギーが起こらない(メタルボンドを除く)
デメリット1. 費用が高い :健康保険が適用されないため、費用は銀歯よりも高くなる
デメリット2. 割れることがある :最近登場したジルコニアセラミックなら強度は問題ない

これらのことから、セラミックのメリットとデメリットが分かります。
メリットに注目すると分かるとおり、セラミックのメリットは審美性の高さだけではありません。
二次虫歯の予防効果の高さなど、実は機能性においても銀歯に勝る特徴を持っているのです。
とは言え、デメリットがあることもしっかりと把握しておかなければなりません。
セラミックのメリットとデメリット…全てを把握した上でセラミックにするかどうかを考えてください。