DIRECT TOOTH BONDING

カテゴリー:

ダイレクトボンディング歯髄保存療法

53歳 男性 MTAセメントを使用した歯髄保存療法とダイレクトボンディング

Before

After

症例情報

年齢 53歳 治療方法 MTAセメントで神経を保存しダイレクトボンディングでミニマムに修復する
性別 男性 通院回数 2回
主訴 虫歯を治したい 費用

148,500円

治療のメリット 神経を保存できる。歯を最大限に温存できる。
治療のデメリット 治療後しみたり、違和感が出る場合がある。まれに治療後に神経を保存できない場合がある。

治療経過

  • 齲蝕検知液で染色

    青い、齲蝕検知液で虫歯を染出します。
  • 齲蝕部位特定

    虫歯の部分だけが青く染まったので、そこだけ削っていきます。
  • 露髄&断髄

    神経まで虫歯が進んでいたので断髄しました。(一部だけ神経を取る)
  • MTAセメント充填

    2分での自然止血、歯髄の色、などで健康な神経であることを確認します。 洗浄した後MTAセメントをきれいに充填します。
  • マトリックスの設置

    治療後にフロスが引っかからないように、段差なくレジンをきれいに充填します。 そのために透明なフィルムを隙間なく設置します。 青い器具で歯間をきつくしています。
  • レジン充填

    中と外のレジンの色を変え、溝の部分にも濃い色のティントを入れます。
  • 研磨

    歯と歯の間にフロスがひっかかって切れないように、 丁寧に研磨します。この工程に30分もの時間をかけています。 丁寧に研磨しておくと、歯とレジンの境目の美しさが持続します。