DIRECT TOOTH BONDING

カテゴリー:

ダイレクトボンディング

36歳 男性 矯正用ゴムで歯間離開し最小限に削って治したダイレクトボンディング

Before

After

症例情報

年齢 36歳 治療方法 ダイレクトボンディング
性別 男性 通院回数 3回
主訴 虫歯を治したい 費用

115,500円

治療のメリット 自然な見た目、段差なく歯を最大限に温存できる。
治療のデメリット 経年的に変色の可能性があります

治療詳細

歯と歯の間にある虫歯が小さいほど治療は難しくなります。
今回は矯正で使われる歯間離開用ゴムを使い、あらかじめ歯と歯の隙間を作ってから治療しています。できるだけ健康な歯を削らないための具体的な方法の一例になります。

 

治療経過

  • 歯間部に虫歯

    レントゲンで小さな虫歯を確認しました。しかしこのまま普通に歯を削ると健康な部分まで余計に削る可能性があります。
  • 歯間離開

    矯正用の歯間離開ゴムを1週間ほど入れておきます
  • 歯垢染出し

    治療当日、矯正用の歯間離開ゴムを取ると歯間が空いています。この隙間から虫歯を削っていきます。
  • ラバーダム装着

    染め出された歯垢を完全清掃しラバーダムを設置します。
  • 齲蝕除去

    極小のダイヤモンドポイントを使い慎重に虫歯を取り除きます。
  • 隣接歯に齲蝕発見

    とナチの歯にも小さな虫歯を見つけました。
  • レジン充填

    マトリックスを設置し緊密にレジンを充填します。
  • レジン充填&研磨

    歯間離開させて治療しているので、隙間があるままでフィニッシュ&研磨しています。後は次回のお楽しみ。
  • 1週間後

    1週間後に確認しました。広げた歯間は閉じていて、歯と歯の間のキツさも適正です。