DIRECT TOOTH BONDING

カテゴリー:

ダイレクトボンディング歯髄保存療法

20歳 男性 MTAセメントを使用した歯髄保存療法とダイレクトボンディング

Before

After

症例情報

年齢 22歳 治療方法 MTAセメントを使用した歯髄保存療法とダイレクトボンディング
性別 男性 通院回数 3回
主訴 虫歯を治したい 費用

148,500円

治療のメリット 神経を保存し、歯を削る量を少なくし、自然な見た目に仕上げることができる
治療のデメリット 術後2−3日は違和感が出る場合がある。場合によっては神経を保存できない時がある

治療経過

  • 歯垢検知液

    歯垢を染めて見える化します。
  • 歯垢除去

    接着作業を効率化するために歯垢は徹底的に除去します。
  • 噛み合わせ確認

    歯を削る前に、どこで歯が当たっているかを色をつけて確認します。
  • 齲蝕

    中で爆発的に虫歯が広がっています。
  • 露髄・断髄

    虫歯を完全に除去すると歯髄が露出しています。感染していた神経も一部除去しました。これを断髄と言います。
  • MTAセメント

    はみ出さないようにMTAセメントを充填します。
  • レジン充填

    境目をぴったりにレジン充填します。
  • 研磨後

    歯と歯の間の下もプラスチックのリボン状のやすりで研磨します。ダイアモンドのペーストの高級研摩材を使っています。