ホーム  »  スタッフブログ  »  審美治療とは何ですか?

スタッフブログ

審美治療とは何ですか?

2018年07月15日

板橋区上板橋の歯医者さん、シエル歯科クリニックです。
今回のテーマは「審美治療について」です。
それぞれの歯科医院では診療科目が設けられており、中には審美歯科に対応しているところもあります。

審美歯科で行うのは審美治療であり、虫歯や歯周病のような病気を治すための治療ではありません。
そこで、ここでは審美歯科で行う審美治療をテーマにして、
具体的にどのような治療を行うのかについて説明していきます。

審美治療とは

審美治療とは、審美…つまり見た目の美しさに重点を置いた歯科治療で、
歯や口元を綺麗に見せたい患者さんを対象にして行う治療です。
虫歯や歯周病のような病気を治すための治療ではないため、歯科治療でも扱いとしては自由診療です。

このため治療費においては健康保険が適用されず、費用が高額になる特徴があります。
その点から以前は芸能人やアイドルなど、TVで活躍する一部の人が行う治療でしたが、
近年では審美治療が一般化しつつあり、審美歯科に来院する患者さんが多くいます。

審美治療の種類

審美治療にはいくつかの種類があり、それぞれ治療内容や目的が全く異なります。

ホワイトニング

歯を白くするための治療です。
効果は永久ではないものの、定期的に重ねて行うことで白さを維持できます。
ホワイトニング自体にもいくつかの方法があり、中には自宅で行える方法もあります。

セラミック治療

詰め物や被せ物の材質をセラミックにする治療です。
セラミックにすることで、詰め物や被せ物の見た目を天然の歯に近い美しさにできます。
また、セラミックは審美性の高さだけでなく、二次虫歯を予防しやすいなどの特徴もあります。

歯列矯正

歯並びを改善するための治療です。
矯正治療は子供が行うイメージがありますが、大人でも行うことができます。
矯正装置の種類も豊富で、最近では取り外しができて目立たないマウスピース矯正が人気です。

インプラント

「第2の永久歯」とも呼ばれており、失った歯への対処となる治療です。
入れ歯と違って人工の歯の根を埋め込むため、安定性が高く天然の歯に近い咬合力を再現できます。
治療においては手術が必要となるため、治療内容としては大掛かりなものになります。

審美治療の付加価値

審美治療の目的は審美…つまり見た目の美しさを手に入れることですが、
それだけでなくプラスとなる付加価値があります。

ホワイトニングの場合

・「歯が白くなる+プライベートやビジネスが充実する」
歯が白いことは第一印象を良くします。
このため、ホワイトニングを行うことでプライベートやビジネスにおける出会いにプラス効果をもたらします。

セラミック治療の場合

・「天然の歯に近い見た目になる+二次虫歯を予防できる」
ツルツルした材質のセラミックにはプラークが付着しにくく、なおかつ歯としっかり接着します。
このため詰め物や被せ物の中に細菌が入り込むことがなく、二次虫歯を予防できるのです。

歯列矯正の場合

・「歯並びが美しくなる+虫歯や歯周病を予防しやすくなる」
歯並びが綺麗になれば、歯磨きもしやすくなります。
さらに凸凹した状態だとプラークが溜まりますがそれもなくなるため、虫歯や歯周病を予防しやすくなります。

インプラントの場合

・「天然の歯と見た目が変わらない+食生活を楽しめる」
インプラントは見た目が美しく、さらに外れることもないため天然の歯に近い見た目を誇ります。
さらに天然の歯に近い咬合力を再現できるため、食事制限がなく今までどおり食生活が楽しめます。

審美治療の注意点

審美治療を受けるには審美歯科に行くことですが、その際の注意点をお伝えしておきます。

・対応できない症例もある
例えばホワイトニングの場合、どんな歯も白くできるとは限りません。
銀歯のような人工物は白くできないですし、変色の原因によってはあまり効果がないこともあります。

・費用が高い
審美治療は健康保険が適用されないため費用が高額です。
さらに費用も歯科医院ごとで異なるため、事前にある程度の相場を調べておきましょう。

・「審美歯科=全ての審美治療を行える」とは限らない
審美歯科だからと言って、全ての審美治療を行っているとは限りません。
例えば、セラミック治療は行っているけどインプラントは行っていないという歯科医院もあります。

・デメリットもある
審美というメリットに惹かれて何も考えずに治療を受けると、後悔してしまうケースも考えられます。
どんな治療にもデメリットがあるため、メリットだけでなくデメリットも知った上で治療を決断しましょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、審美治療についてまとめます。

1. 審美治療とは :見た目の美しさに重点を置いた治療。自由診療のため健康保険が適用されない
2. 審美治療の種類 :ホワイトニング、セラミック治療、歯列矯正、インプラント
3. 審美治療の付加価値 :例えばセラミックの治療の場合、二次虫歯を予防できる付加価値がある
4. 審美治療の注意点 :対応できない症例もある、費用が高い、デメリットもあるなど

これら4つのことから、審美治療について分かります。
以前プチ整形という言葉が誕生したように、審美に対する関心は一般でも高まっています。
このため、歯科においても審美歯科で審美遅漏を希望する人が増えてきています。
審美治療は高額ですが、審美以外の付加価値もあります。
そう考えると、例え審美に関心が低い人でも注目する価値があるのです。