ホーム  »  スタッフブログ  »  銀歯を使っていますが、セラミックに変えてもらうことはできるのでしょうか?

スタッフブログ

銀歯を使っていますが、セラミックに変えてもらうことはできるのでしょうか?

2019年01月07日

板橋区上板橋の歯医者さん、シエル歯科クリニックです。今回のテーマは「セラミック治療の説明」です。最近では詰め物や被せ物をセラミックにする方が増えています。

このため、銀歯を使用している方の中にはセラミックにすれば良かったと後悔する方もいるかもしれません。最も、既に銀歯を使用している方でもセラミックへの交換は可能であり、そのような治療をセラミック治療と呼びます。

セラミックへの交換について

その歯科医院がセラミック治療に対応していれば、銀歯からセラミックへの交換は可能です。ただし、交換と言っても無料でセラミックに交換するわけではなく、改めてセラミック治療の費用を支払った上での交換となります。

費用について言えば、セラミック治療は健康保険が適用されないため費用は高く、それがセラミック治療の欠点にもなっています。決して手軽な費用でできる治療でない以上、セラミック治療を希望する際はセラミックのことをよく知っておく必要があります。

セラミックにするメリット

流行のようにセラミック治療を希望するのはおすすめできません。セラミック治療を希望するなら、そもそもセラミックにするメリットをまずは知っておきましょう。

審美性が高い

セラミックにする最大のメリットは審美性の高さです。本来詰め物や被せ物は目立つため人に見られたくないものですが、セラミックは天然の歯とほとんど変わらない美しさであるため、人に見られても気にならなくなります。

二次虫歯を予防しやすい

銀歯はプラークが付着しやすく、さらに接着も剥がれやすいため隙間が生じやすくなっています。このためその隙間から細菌が入り込んでしまい、虫歯の再発…すなわち二次虫歯が起こります。一方、セラミックはプラークが付着しにくい上に隙間も生じにくいため、二次虫歯を予防しやすくなっています。

金属アレルギーが起こらない

セラミックの材質は陶器ですから、銀歯のような金属とは違います。このため、金属アレルギーの方でもセラミックなら安心して使用できます。ただし一部金属を使用しているものもあり、全てのセラミックにこのメリットが該当するわけではありません。

長持ちする

これについてはあくまでケア次第のため、何もせずに長持ちするわけではありません。充分なケアをしている場合、セラミックの寿命は銀歯よりも長くなっており、さらにセラミックの種類によっては劣化による変色も起こりません。

セラミックの種類

セラミックにはいくつか種類があり、それぞれその種類ならではの特徴もあります。また、取り扱っているセラミックの種類は歯科医院によって異なります。ちなみにセラミックには現状4つの種類があり、患者さんは好きな種類のセラミックを選択できます。

オールセラミック

文字どおり100%セラミックでできており、セラミックの中で最も審美性が高いタイプです。年数経過による変色も起こらず、使用している間はずっと美しさを維持できます。さらに割れにくいなどの特徴もありますが、優れた特徴が多い分費用が高いのが欠点です。

ハイブリッドセラミック

レジンにセラミックの微粒子を練り込んだタイプで、材質的にはレジンに近くなっています。このため年数経過による変色が起こり、審美性も機能性も他の種類のセラミックほど高くありません。ただしその分費用が安くなっており、そのお手軽さがハイブリッドセラミックのメリットです。

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けたタイプで、金属を使用していることが長所でも欠点でもあります。長所としては、セラミックでありながら金属の耐久性があり、奥歯でも安心して使用できることです。一方、欠点としては金属を使用しているため金属アレルギーの対象になることです。

ジルコニアセラミック

人工ダイヤモンドのジルコニアを使用しており、メタルボンド同様に耐久性の高さが特徴のタイプです。メタルボンドと比較するとメタルボンドよりも美しく、さらに金属アレルギーの心配もありません。このためメタルボンドより特徴的に優れていますが、その分費用が高い欠点があります。

…これら4つの種類のセラミックの中から選択できますが、歯科医院によって取り扱っている種類は異なります。特にジルコニアセラミックは新しいタイプのセラミックのため、取り扱っている歯科医院はまだ少なめです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミック治療の説明についてまとめます。

1. セラミックへの交換について :銀歯を使用している方がセラミックに交換することは可能
2. セラミックにするメリット :審美性が高い、二次虫歯を予防しやすい、金属アレルギーが起こらないなど
3. セラミックの種類 :オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミック

これら3つのことから、セラミック治療の説明について分かります。まとめると、現在銀歯を使用している方がセラミックに交換することは可能であり、そのような治療をセラミック治療と呼びます。

セラミックは審美性の高さ以外にも二次虫歯を予防しやすいなどのメリットがあり、詰め物や被せ物の質としても銀歯より優れた特徴を持っています。ただしその分費用が高いため、セラミック治療はよく検討した上で決断してください。