ホーム  »  小児歯科  »  【小児歯科】症例6 矯正はさせた方が良いの?

小児歯科

【小児歯科】症例6 矯正はさせた方が良いの?

2017年01月10日

乳歯と永久歯が入り混じっている小学校5年生くらいまでの時期。
矯正をさせた方が良いのかどうか?
悩む事はあります。少なくとも前歯が受け口っぽくなっていたり
片方だけ上下逆の噛み合わせになっている場合は、早めに歯科で相談された方が良いかもしれません。
その様な不正歯列は顎の骨の成長を妨げる場合もあります。
引っ掛かりを解除してあげる事は大事です。あとあと、本格矯正治療になった場合、マイナスからのスタートより、有利な状態から矯正がスタートできるからです。
乳歯にいわゆるブラケットという矯正装置をつける事はできません。(だって、そのうち抜ける歯ですからね)
しかし、すでに生えている永久歯を利用した装置を使う事はできます。また、成長期の子供は歯の移動も早いですよ。
お子さんの歯並びで、あれっ?と思ったら
まずはシエル歯科クリニックに早めの相談をしてください。