ホーム  »  小児歯科  »  【小児歯科】症例3 ぶつけて歯が折れた

小児歯科

【小児歯科】症例3 ぶつけて歯が折れた

2016年09月09日

小さなお子さんはよく歯をぶつけることがあります。
唇を切ったり、歯がぐらぐらしたり、時には歯が欠けたり。
この症例は歯をぶつけて欠けてしまった小学生です。
幸いにも歯の中にある神経までは被害が及んでいなかったので
プラスチックで当日修復しました。
状況によって対応が変わってきますので、外傷で歯が折れてしまった場合は相談してください。