ホーム  »  小児歯科  »  【小児歯科】症例2 お子様にも負担が少なく目立たない矯正

小児歯科

【小児歯科】症例2 お子様にも負担が少なく目立たない矯正

2016年09月09日

小学校低学年でまだ乳歯が多い。
でも歯並びが乱れている。
いつから歯列矯正をしたらいいのだろうか?
このまま放っといてもいいのだろうか?
噛み合わせによっては積極的に早期に治療したほうがいい場合もあります。たとえば前歯が上下逆被蓋で受け口のようになっているケース。取り外しタイプの矯正装置を使えば3〜6ヶ月前後で改善してきます。お子さんにも負担は少なく見た目もそんなに目立ちません。心当たりのある方は相談してください。