ホーム  »  審美歯科  »  【審美歯科】症例31 できるだけ削らない治療ダイレクトボンディング

審美歯科

【審美歯科】症例31 できるだけ削らない治療ダイレクトボンディング

2017年07月06日

小さな奥歯である小臼歯の虫歯の治療です。
もし銀歯で治療すると結構目立ちます。
セレックやe・MAXなどのセラミックの詰め物だと
以外と歯を削りすぎてしまう事もあります。
虫歯が大きくて健康な歯質が少ない時は
それらの材料で治療するのは良いと思うのですが
虫歯が小さい時は、できるだけ健康な歯質は残したいものです。
セラミック高配合のダイレクトボンディングなら即日で、しかも最小限の歯を削る量で治療できる場合が多いです。
削ったところを確実にカバーすることは将来的な虫歯予防にもつながります。
板橋区でダイレクトボンディングをお考えの方はシエル歯科クリニックにご相談ください!