ホーム  »  審美歯科  »  【審美歯科】症例16  セラミックを貼り付ける治療ラミネートベニア

審美歯科

【審美歯科】症例16  セラミックを貼り付ける治療ラミネートベニア

2016年09月09日

60代女性
付け爪のように歯の表面を少しだけ削ってセラミックを貼り付けるのが「ラミネートベニア」です。
一般的には歯を360°全周をまる削りして被せるクラウンタイプで治療しますが、噛み合わせや残っている健全な歯質の量、年齢によって、歯の表面だけを削る「ラミネートベニア」を選択する事もあります。
「ラミネートベニア」は0.6㎜の極薄なので歯に接着するときは慎重に気を使います。
〜One tooth can change your life〜