ホーム  »  審美歯科  »  審美歯科】症例14 自然な色調「e・MAX」を利用した症例

審美歯科

審美歯科】症例14 自然な色調「e・MAX」を利用した症例

2016年09月09日

50代男性
神経を取ると歯の色が変色する事があります。
特に前歯では変色が目立ちます。
そこで二ケイ酸リチウムの「e・MAX」で治しました。
しっかりと根の治療をやり直し、
ファイバーコア(グラスファイバー製の芯)で土台を補強し、
被せ物として「e・MAX」を選択しています。
自然な色調に患者様も大変満足されています。
〜すべてはあなたの笑顔のために〜