ホーム  »  審美歯科  »  【審美歯科】症例9 メタルボンドを利用した自然な被せ物

審美歯科

【審美歯科】症例9 メタルボンドを利用した自然な被せ物

2016年06月28日

下の銀歯について境目がピッタリしていなかったので虫歯になってしまいました。
被せ物を本当に本当にピッタリさせるには、数々の工程をじっくり丁寧にするのです。患者さんはお口を開けているので見ることはできませんが、安心してください気合を入れて愚直に丁寧に治療していますよ。
この患者さんの特徴的な色調の歯をそっくりに作るためにメタルボンド(金属フレームにセラミックスを焼き付けたもの)を選びました。よく見ると細かい縦に入ったヒビもリアルに再現しています。自分に合った自然観、これもまた審美であるとシエル歯科クリニックは考えます。