ホーム  »  症例集  »  【矯正治療】症例4 成人治療と小児矯正の違い

症例集

【矯正治療】症例4 成人治療と小児矯正の違い

2016年09月09日

20代女性
成人矯正が子供の矯正と大きく違うところは
既に歯を失っていたり神経を取って差し歯になっていたりするところです。素材が揃っていなくてしかも残っている素材の寿命を計算に入れて治療計画を立てなくてはいけません。
一般の治療と矯正を同じ歯科医師がすることは、そういう場合に有利になります。

費用 800,000円
治療期間 3年0ヶ月