ホーム  »  コラム  »  歯根破折(しこんはせつ)

コラム

歯根破折(しこんはせつ)

2016年11月28日

これは、経験した方でないとわからないと思いますが経験してからでは遅すぎる。
歯を失う原因として心ある歯科医師は歯根破折をいかに防ぐかに心砕いています。
文字どおり歯が割れることです。
しかも縦に亀裂が入って割れます。
そうなると歯を抜かねばなりません。
なぜ歯が割れるのか?
その原因はブラキシズムにあります。
最近ではTCH(Tooth Contacting Habit)とも言われています。
まあ、平たく言うと、貧乏ゆすりや爪を噛むみたいに、いらいらした時や寝ている時にする歯を噛む癖のことです。
で、神経を取った歯はもろくなるので、TCHなどで割れやすくなりますが、神経のある歯でも割れることがあります。
噛む力って怖いですね真っ二つに割れますから。
(硬い物を噛んで、という意味ではなくて、ずーっと続くかみしめの力の方)
歯を長持ちさせるためには虫歯や歯周病を予防するだけではなく歯根破折を起こさせないことが大切です。