ホーム  »  コラム  »  メタルボンドのできるまで

コラム

メタルボンドのできるまで

2016年09月09日

どうやってセラミックの歯を作っているのでしょうか?

  1. 土台を削り型取りします。歯科医院
  2. 型取りから模型を作ります 歯科技工所
  3. セラミックの歯のフレームを作ります。
  4. フレームに色を変えながらセラミックを盛り付けていきます。

歯の内部構造どおりに色別にセラミックを足していくのですが
熱を加えないと最終的な色がでないので、歯科技工士は完成した色をイメージしながらセラミックを盛っていきます。
何層にも立体的に色を変えた陶芸を作っているようなものです。
形ができたら高温の窯で焼いていきます。
将来的に虫歯になりにくいように元の歯とぴったり合わせる「適合性」周囲の天然歯になじむ「形態」と「色調」そして物を食べる時に機能する「噛み合わせ」
まさに歯科医療はサイエンス&アートと言われる所以です。
セラミックの歯を作るのは本当に手間暇がかかるのですね。