ホーム  »  症例集  »  20代女性 MTAセメントでの治療 

症例集

20代女性 MTAセメントでの治療 

2020年01月14日

術前


術後

他院で虫歯を治療しようとした20代女性の方です。虫歯が大きく神経をとるかも知れないし銀歯で治すと笑った時に目立つと言われ、シエル歯科クリニックを受診されました。

女性としては気になるところですよね

仮に埋められていたセメントを外して虫歯を青い染色液で染めてみると神経に近いところまで染まっています。

丁寧に慎重に虫歯をきれいに取り除くことができました。

神経まで虫歯が行っていたらMTAセメントの出番でしたが、今回は大丈夫でした。でも神経に近いので、念のために知覚過敏の薬をすり込んでおきます。

フィルムを設置して隙間なくピッタリと樹脂を充填できるように準備をします。この作業が大切で、引っかかりのない自然感のある歯の形態が決定されます。

歯の中には濃い色の樹脂を、外側には透明感のある白い樹脂を埋めました。透け感で自然に見えるように工夫してあります。

別の角度から見ても段差のない滑らかな曲線で歯を治せていることがわかります。とくに歯垢がつきにくくなるように、形態修正と研磨には別日で時間をとってピカピカになるまで仕上げています。笑った時に見える歯の自然な感じにとても満足されていました。