ホーム  »  ブログ  »  銀歯を白くするにはセラミックしかないですか?

ブログ

銀歯を白くするにはセラミックしかないですか?

2017年05月01日

板橋区上板橋の歯医者さん、シエル歯科クリニックです。
今回のテーマは「銀歯を白くする方法」です。
銀歯は詰め物や被せ物としての役割は果たしてくれるものの、審美性においては良くありません。

実際銀歯を使用している人の多くがそれをコンプレックスに感じていますし、
私自身、患者さんから「銀歯を白くしたい」という相談を受けることがあります。
最も、銀歯を白く染めることは不可能ですから、方法としては他の詰め物や被せ物に交換することになります。

1. セラミックに交換する

詰め物や被せ物として選択できる素材は銀歯だけではありません。
セラミックを素材にすることができますし、むしろ最近ではセラミックを希望する患者さんが増えています。
これは銀歯に比べてセラミックが美しいのが理由です。

セラミックはただ白いだけでなく天然の歯に近い光沢ある白さを誇っており、
治療跡を感じさせない美しさがあります。銀歯を白くしたいという患者さんには、
セラミック治療を行って詰め物や被せ物を銀歯からセラミックに交換することをすすめています。

2. セラミックのメリットとデメリット

セラミックは銀歯に比べて白く美しいですが、それはセラミックが持つ特徴の一つです。
セラミックには他にも特徴がありますし、当然メリットとデメリットが存在するのです。
せっかくセラミック治療をしても、トータル的に銀歯の方がよかったとなれば後悔してしまいますし、
その意味でも治療を決断する前にセラミックのメリットとデメリットを把握しておきましょう。

<セラミックのメリット>

  • 見た目が美しく長持ちするので審美性に優れている
  • プラークが付着しにくいので二次虫歯になりにくい
  • 金属アレルギーの人でも使用できる(メタルボンドは除く)

<セラミックのデメリット>

  • 保険が適用されないので費用が高い
  • 割れたり欠けたりする可能性がある
  • 強度は金属に劣る

セラミックの大まかなメリットとデメリットはこのようになっています。
一方銀歯は費用が安いというメリットがある反面、
見栄えが悪いというセラミックと全く逆の特徴を持っています。
それぞれのメリットとデメリットを把握した上で、セラミック治療をするかどうかを考えてください。

3. セラミックの種類について

銀歯からセラミックに交換することは可能ですが、セラミックにはいくつか種類があります。
このため、自分がどの種類のセラミックにしたいのかも考えなければなりません。
そこで、セラミックにはどんな種類があるのかと、それぞれの特徴を簡単に説明します。

まずセラミックの中で最も審美性と機能性に優れているのがオールセラミックです。
また、比較的費用が安いハイブリッドセラミックはセラミックとレジンが混合されたタイプです。
さらにメタルボンドは表側がセラミックで裏側が金属という特殊なタイプです。

見える部分をセラミックにしつつ、見えない部分に金属を使用することで、
セラミックの美しさと金属の硬さを兼ねそろえているのです。
これらに加え、近年では金属よりも硬くて美しいジルコニアセラミックというタイプもあります。

3. 銀歯をセラミックに交換するメリット

銀歯からセラミックにしたい人の多くは、今回のテーマのように「歯を白く見せたい」というのが理由でしょう。
確かにセラミックは銀歯に比べて審美性に優れていますが、
銀歯からセラミックにかえるメリットはそれだけではありません。
これはセラミックのメリットでも挙げましたが、セラミックは二次虫歯になりにくい特徴を持っています。

素材の性質上プラークが付着しにくいですし、歯との接着の相性も良いので隙間が生じにくいのです。
このため銀歯で二次虫歯に悩まされている人は、セラミックにすることで問題が解決します。
このように、見た目以外の問題でもセラミックにすることで解決できることがあります。
つまり、セラミックは見た目だけでなく詰め物や被せ物の質としても優れているのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、銀歯を白くする方法についてまとめます。

  1. セラミックに交換する :銀歯自体を白くすることは不可能。方法としては銀歯をセラミックに交換する
  2. セラミックのメリットとデメリット
    • メリット :見た目が美しい、二次虫歯になりにくい、長持ちする
    • デメリット :費用が高い、欠けたり割れたりすることがある、強度は金属に劣る
  3. 銀歯をセラミックに交換するメリット :審美性の向上だけでなく、二次虫歯が予防できるメリットもある

これら3つのことから、銀歯を白く方法が分かります。
銀歯はホワイトニングできないため、白くするには銀歯をセラミックに交換するしかありません。
ただし、セラミック治療を行う際にはあらかじめセラミックのメリットとデメリットを把握しておきましょう。
また、セラミックには種類があります。実際にどのセラミックにするかも考えておき、
歯科医と相談しながら最も合ったセラミックを選択してください。