ホーム  »  ブログ  »  セラミックにも種類があると聞いたのですが、どのような種類を知っておけばいいですか?

ブログ

セラミックにも種類があると聞いたのですが、どのような種類を知っておけばいいですか?

2017年03月01日

板橋区上板橋の歯医者さん、シエル歯科クリニックです。
今回のテーマは「セラミックの種類」です。
セラミック治療を希望する人が増えていますが、実はセラミックには種類があります。

もちろんどれもセラミックであることに間違いないですが、種類ごとで特徴が異なります。
このため、実際に治療を受ける際にはどのセラミックにするかを選択する必要があるのです。
そんな場面に備え、知っておいたいいセラミックの種類と特徴をいくつか紹介しておきます。

1. ジルコニアセラミック

セラミックは割れるという欠点がありますが、その欠点を克服したのがジルコニアセラミックです。
ジルコニアはダイヤモンドの代わりとして用いられるほど強度に長けており、
なおかつセラミックならではの美しさも誇っています。

ジルコニアセラミックは近年登場した新しいタイプであり、セラミックの中でも費用は高額です。
また、新しいということだけあってセラミック治療ができる全ての歯科医院で扱っているわけではありません。
強度に長けているという点で、奥歯にも安心して使用することができます。

2. オールセラミック

文字通り100%セラミックでできており、セラミックの中でもトップクラスの美しさを誇ります。
セラミックの種類を選ぶ際、それぞれの特徴もそうですがそれ以外に予算も重要になるでしょう。
その意味ではオールセラミックは高額ですが、それだけの美しさを誇っていることも事実です。

また、オールセラミックは詰め物や被せ物としての寿命も長く、中には20年使用している人もいるほどです。
強度はジルコニアセラミックに劣るものの、セラミックの中でも格段に美しいという点で、
前歯などの目立つ箇所にオールセラミックを希望する人が多いです。

3. ハイブリッドセラミック

ハイブリッドという名のとおり、セラミックとレジンが混ぜ合わされたタイプのものです。
オールセラミックより美しさでは劣るものの、その分費用が安いという特徴があり、
セラミックの種類の中でも「お手軽なセラミック」として位置づけされています。

ちなみに、健康保険の改正により2014年の4月以降、
特定の条件を満たした場合のみセラミック治療にも保険が適用されるようになりました。
その場合はハイブリッドセラミックを使用しますが、
保険が適用されるハイブリッドセラミックは従来のハイブリッドセラミックよりも美しさや耐久性の点で劣ります。

4. メタルボンド

外側がセラミック、裏側が金属という見た目が少々特殊なタイプです。
要するに、人から見える部分はセラミックになっていて、見えない部分は金属で仕上げられているのです。
全体的な見栄えにおいてはオールセラミックなどに比べれば劣りますが、
金属を使用している分、他のセラミックに比べて強度に長けているという特徴を持っています。
メタルボンドで注意すべき点は金属アレルギーを持った人の場合です。
金属アレルギーが原因で銀歯を使用できずセラミックを選択する人がいますが、
メタルボンドはセラミックとは言え金属を含んでいるため、金属アレルギーを引き起こしてしまいます。

5. ラミネートベニア

上記までのセラミックは詰め物や被せ物として使用するタイプのものですが、
ラミネートベニアはそうではなく、言わば貼り付けるタイプのセラミックです。
歯を最低限削ってセラミックを貼り付ける、イメージとしては付け爪を連想すればいいでしょう。

詰め物や被せ物とは異なるため、ラミネートベニアを希望する人は100%審美目的になります。
その点ではホワイトニングに近いものがありますし、
ホワイトニングで白くならない歯を白く見せられる…それがラミネートベニアのメリットです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックの種類についてまとめます。

  1. ジルコニアセラミック :セラミックの中で最も硬くて美しい。割れやすいセラミックの欠点を克服したタイプ
  2. オールセラミック :他のセラミックよりも美しくその分高額。長持ちするため、20年使用している人もいる
  3. ハイブリッドセラミック :レジンが混ざっている分費用は安め。お手軽なタイプのセラミックとして人気
  4. メタルボンド :裏側が金属でできているため、金属に近い強度を誇っている。金属アレルギーの人は要注意
  5. ラミネートベニア :貼り付けるセラミック。ホワイトニングで白くならない歯への対処として用いられる

これら5つのことから、セラミックの種類が分かります。
一概にどのセラミックが良いというのはなく、要は何を重視するかでおすすめのセラミックが決まります。
例えば、費用は気にしないけど美しく見せたいのであれば、オールセラミックやジルコニアセラミックでしょう。
また、高額な費用に抵抗があるけどセラミックにしたいのであれば、ハイブリッドセラミックがおすすめです。
このように、セラミックの種類を決める時には最優先する点を考え、それを元に判断してください。